足にやさしい靴屋さんユアサ 広島市 履きやすい 疲れない 楽な靴 外反母趾

足にやさしい靴屋さん ユアサ お電話でのお問い合わせ

靴選びのコツ

ホーム>靴選びのコツ
Menu
ホーム
足にやさしい靴
靴合わせフロー
靴選びのコツ
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

靴選びの豆知識

足の健康は、靴から始まるといっても過言ではありません。
そこで、健康のことを考えたときに靴選びで知っておきたい豆知識をいくつかご紹介いたします。
自分の足の特徴は?
自分の足がどんな足か、あなたは説明できますか?
日本人の足は一般的に「甲高・幅広」といわれますが、実際にはそんなに単一的な話ではなく、形や長さも一人ひとりに異なった特徴があります。また、自分がどんな用途でどれくらいの時間履くことが多いのかも多岐にわたります。
例えば、通勤用の靴と会社内で履く靴、遊び用の靴、など人によって履き替える頻度も違います。一度、自分が靴をどのように履いているのかを改めて再確認してみると、見えてくるものがあるかもしれません。
フィッティングポイント
つま先
歩行中靴の中で若干足が前へ行きます また足に体重がかかった時に指が前へ伸びますこのためつま先には10ミリ以上の余裕が必要です。この部分に余裕がないと爪を傷つけたり・魚の目・タコ・血まめができて痛くて歩けないということも起こってきます。
また外反母趾・ハンマートウ(指が曲がってしまう)を助長することもあるので気をつけて下さい。
その際に足の踵をきちっと靴の最後部ピタッとくっつけて下さい。紐やマッジクバンドがついている靴はしっかりと占めて下さい。
この時に踵がすぐにスポッと抜けてしまう靴は微調整(中敷きを入れてみる、むりやり合わせるのではなくあくまで微調整)をしてもう1度ためしてこれでも抜けてしまう場合はサイズを見直すかとの靴に変更が必要です。

幅、高
この部分は、軽い圧迫感(心地良いフィット感)言葉であらわすのはすごく難しいのですが、この部分が緩いと靴の中で足が動き正しい歩きができません。疲れの原因となります。またきつすぎると神経や血管を圧迫して 気分が悪くなったりしますので要注意です。

曲がる位置
足の幅の1番広いところ(親指の付け根・小指の付け根ノブ部分)と靴の幅の1番広い部分が一致することが大切です。履き心地に大きくかかわってきます。

土踏まず(アーチ)
土踏まずがあわないと「よくあるのが何か知らないけどこの靴を履くとすごく疲れる」この場合は土踏まずがあってない場合がよくあります。
また親指の付け根が痛いなども土踏まずの合わない事が原因になっていることがあります。ためし履きをしてフィット感をチェックして下さい。隙間がありすぎるとこのようなことがおっこてくることがあります。

くるぶし
この部分(外くるぶし)が当たって違和感があると痛くて歩けなくなります。くるぶしのチェックは足を入れてみるだけではわからないにで必ず歩いてチェックして下さい。
若干であれば踵の底上げ・中敷きを入れることで改善する事もあります。

踵部
まずヒールカーブ、靴の一番後ろのカーブしているところ ここのカーブが強いとアキレスに食い込んで傷になってしまう事があります。またゆるいとスポット抜けてしまいます 歩いてみてチェックして下さい。
さまざまなチェックポイントがあります。当店では、足首・踵・甲のフィット感(ピタッと引っ付く感じ) そして指先の適度な余裕を一番の重要なポイントとしてみています。 靴と関連した足・体の健康は、まず第1に歩く時に正しい姿勢で歩けるです。歩くときに正しい姿勢で歩ける第1歩は足と靴が一体化することだと思っています。
紐靴・マジックバンドの靴などは、脱ぎ履きを優先して緩めて履かないで、踵に足をつけてきちっと前のほうから締めて履いて下さい。履き心地が変わってきます。
靴を選ぶ時間
よく、靴選びは「足が最もむくんでくる夕方に行うのが良い」とされてきました。
しかし、それではそれ以外の時間は自分のサイズよりも大きな靴を履いていることになり、開張足、ひいては外反母趾の原因にもなりかねません。そのため、自分がどの時間帯にその靴を一番よく履くかを考え、そこに合わせてフィッティングを行うと良いでしょう。

靴を長持ちさせるには

すぐに靴を履き潰してしまう・・・とお悩みの方も多いのではないでしょうか。お気に入りの靴を長く履くために、いくつかポイントをご紹介いたします。

靴を休ませる
足は、実は一日にコップ一杯分ものの汗をかくと言われています。
そんな量の水分を吸った靴は型崩れを起こしやすくなりますから、一晩は水分を放出するためのブレイクタイムを設けましょう。
毎日履き続けると型崩れだけではなく足も蒸れてしまいやすくなります。特に雨に降られた場合数足を交互に履きましょう。

丁寧に保管
サンダルやブーツなど、季節によってオフシーズンとなる靴は、きちんとお手入れをしてから仕舞いましょう。
そして、ずっと仕舞いっぱなしで放置するのではなく、たまに陰干し・から拭きをしてあげます。
形が崩れないようにシューキーパーなども上手に活用すると良いでしょう。

適切なお手入れを
革靴の場合は、日ごろからブラッシングやクリームを塗るだけでも物持ちに歴然の差があります。スウェード生地などは非常に汚れやすいため、履いたらその日の内にブラッシングをしてあげましょう。また、防水スプレーを定期的に使用すると尚良いです。

面倒くさがらず、修理に出す
かかとが磨り減ってきたかな・・・と思っても、「でも履けない訳じゃないし」と修理に出すことをためらう方も多いでしょう。しかし、かかとの磨り減りすぎたた靴を履き続けるた場合 急にすり減った場合にはその履き心地の変化に気づくでしょうが、徐々に減っていった場合にはその変化の気づくにくく歩き方や姿勢に悪い影響を与えることがあります。修理した後の靴または同じ靴の新品と履き比べた時に多くの方がその違いに気づかれます。修理時期についてはご相談下さい。
足にやさしい靴屋さん ユアサ
〒732-0044 広島県広島市東区矢賀新町3-1-3  TEL.082-282-7576  FAX.082-298-0076
ホーム足にやさしい靴靴合わせフロー靴選びのコツお問い合わせプライバシーポリシー
Copyright (c) All Rights Reserved. このページの先頭へ